かかる費用

フローリングのキッチン

住宅設備の中で劣化がしやすいのが水回り設備です。
普段から毎日使用する設備なのに加えてその特性から高多湿環境で長年使用されるため傷みがきやすいという理由があります。
その水回りはリフォーム工事によって、より機能的で洗練された設備に生まれ変わらせることができます。
例えばお風呂なら最近の給湯器と組み合わせることでオートバス機能を実装させて、いつでも好きな時に温かいお風呂が適温で入れるようにすることもできます。
トイレも水回りリフォーム工事で温水洗浄便座を取り付けたり、消臭機能付きのトイレにしたりと機能面で大きく変化をもたらすことができます。
キッチンを対面式キッチンにしてより動線を工夫したりもできるなど、水回りのリフォームは生活に大きな利便性を付与してくれることが多いので、住宅リフォームを考えるなら、考慮しても損はありまえせん。

水回りのリフォーム工事は前述のように生活の機能面での大幅な変化を可能としてくれます。
それだけに需要も高いリフォーム工事の種類ですが、近年は新築住宅建設でバリアフリー化工事が行われているように、水回りリフォームにおいてもバリアフリー化を同時に行うことが多くなっています。
高齢者や要介護者の事故が多い住宅の場所として、トイレやお風呂が多いことが知られています。
これはトイレやお風呂は水回り設備のため足元が滑りやすかったり、また冬場に温度が低い場所のため急激な温度変化で脳卒中を起こしたりといったことが要因です。
そのため水回りリフォームにおいて、同時にバリアフリー化リフォームを行うことが多くなっています。
具体的な施工内容としては手すりの取り付けや、ビルトインタイプの暖房器具の取り付け、床を滑り止め効果のあるフロアコーティングを行うといった具合です。